2018年07月11日

武田 優作 展

o.jpgu.jpg

【会期】
2018.8.6(月)−8.11(土)
12:00−19:00(最終日17:00)

【会場】
ぎゃらりぃ朋
〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F
tel/fax 03-3567-7577

【アクセス】
JR有楽町駅 徒歩4分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩1分
銀座線・日比谷線・丸ノ内線 銀座駅 徒歩5分



posted by アートソウル at 13:52 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

企画写真展【the cat's meow】最高の猫(まちねこ美術館シリーズ)

01dm.jpg02dm.jpg
年2回開催している外猫を主な対象とした猫写真展です。
今回は海外からの参加を含め18人の猫写真作家が参加。
それぞれにとっての「最高の猫」を模索します。
(会期終了後は島根大学サテライトミュージアムで巡回展を開催します)

◆開催期間
2018年9月1日(土曜日)〜5日(水曜日)
12時30分〜19時(日曜日・5日は17時まで)
※入場無料

◆会場
メゾンドネコ
東京都中央区京橋1-6-14佐伯ビル2階
03-3567-8880
http://www.office-taira.jp/m-neko/gallery/

参加作家(順不同)
anyo
Richard Ho
Buzz@Catmistry
Masahito Sato
木元 陽一
湯原 豊
山崎 航
丹治 輝
Mio Mori
kiyochan
小林 三枝子
田中 満
Taro Kakiuchi
三谷 育生
熊谷 忠浩
Yasuko Murai
Ya Asada
桐生 明


posted by アートソウル at 03:38 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

あれから、これから。展2018in吉祥寺

arekarakorekara2018.jpgDR0GeVTUQAAep2m.jpg
あれから、これから。
日時 2018年5月22日(火)〜5月27日(日)

時間 午後12:00-午後7:00(最終日午後5時まで)

場所 アートギャラリー絵の具箱
(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分)

【今展のテーマ・作品点数】

美術大学を卒業後、東京で社会人として生きていた4人。

個人で芸術活動を続ける者、社会生活に励む者。


皆何かを創りたいという思いはあっても、時間だけが過ぎていった。


「もし今あの学生時代に戻れたら、あの頃よりもっと真剣に芸術と向き合うのにね。」

この合同展示は、そんな呟きから始まった。

今も、これからも、何かを表現する事へと向き合い続ける4人の「あれから、これから。」

CGアニメーション、イラスト、漫画、日本画

【profile】
MEGA CITY   @MEGACITY_Movie
古谷亜理砂
ほなかさく
石川まゆら @revival0000

●古谷亜理砂

技法:水彩画

テーマ:思い浮かんだ微かな光景を、鉛筆と水彩絵具で表現。

モチーフ:人物、動物、水、心情

作品点数:4点

みどころ:誰かに与えられた課題ではなく、仕事でもなく、自由に取り組んで完成した、今回の作品。零から一を生み出す作業は難産でしたが、不思議と達成感があり、創作する喜びを再確認することが出来ました。
これが、今の私から生まれた作品であり、これからも、『もっと、自由に』創作活動をしていきたいです。

プロフィール(賞歴など):特になし





●石川まゆら

技法:日本画

モチーフ:動物、植物、風景

コンセプト:目に見えるまま写すのではなく感情の色を織り混ぜ、その存在の奥底の精神性を探ることをテーマに描いています。

作品点数:13点

紹介文:
●大学ではプロダクトデザインを専攻し卒業後日本画に転向する。上野の森美術館アートスクール日本画教室にて学ぶ。
●入選歴
2015年
近代日本美術協会展…入選




●MEGACITY

技法:CGアニメーション映像

モチーフ:巨大建築、密集建築、環境

作品点数:1点

コンセプト:巨大な建造物、うごめく大気の音、人の気配。冷たいコンクリートに囲まれた世界の孤独と体温。

プロフィール:大学で美術とデザインを学ぶ。環境や世界観、シチュエーションそのものに惹かれ、映像でその感覚を表現したいと思っています。CG会社で働きつつ、現在はCGアニメーション表現を探っています。




●ほなかさく
・技法 漫画
・テーマ 『生きる』、『意志』
・モチーフ 人、意志、生きること、心情、時間、繋がり、平和
・作品点数 1点
・コンセプト
20年しか生きることが出来ない人々を描くことによって、死んでいくこと、よりも生きることを描いていきたかった。人の命も20年ではありませんが、それぞれ終わりがある。
悲しい気持ちではなく、希望をもって、意志を持って.....。
(そして捉え方は読んでくださった方に、委ねます。私は100%、書き込むだけです。)

・プロフィール
大学で美術を学び、その後イラストレーションや映像制作を行い、昨年から漫画制作へシフト。
一つ一つの作品に想いをたくさん込めて描いています。

2016年 Fulfill展示(グループ展@下北沢)

アートギャラリー絵の具箱
JR中央線,京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩5分
吉祥寺駅を出て、PARCO方面に進んでいただき、その先の中道通りにすすんだら「吉祥寺二郵便局」前の建物。外階段(8段)から入り、一番奥の部屋がギャラリーです。
JR Chuo Line and Keio Inokashira line "Kichijouji station" vanity for 5 minutes on foot
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6吉祥寺グリーンハイツ205

mail : info@enogubako.in

TEL: 0422-20-2602

FAX: 0422-26-7163


posted by アートソウル at 12:03 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする