2009年01月19日

田中清隆展 KIYOTAKA TANAKA LIGHT WORKS



田中清隆.JPG

展 名:田中清隆展 KIYOTAKA TANAKA LIGHT WORKS
会 期:2009年3月21日(土)〜4月19日(日) 
休 廊:水曜日
時 間:10:00〜18:30

作家からのコメント:
 ヒカリがふる、カゲがおちる。
 ランダムにカットされたヒノキ材を積み重ねてゆく、出来てゆく
 カタチを意識して 描いて、ひたすら積んでゆく。そのカタチは、
 やわらかで、ゆるやかな曲線となる。 そして、積み上げられた
 その素材の「スキマ」から、「気配」がヒカリとカゲとなって広
 がり「生」の連鎖となる。何に見えるのか?そのカタチは、・・・・・
 今展は、「光の粒」「ツキのスキマ」「こぼれつぼ」「瞳から」
「seed」などの作品群。
 なめらかな手触りのヒカルカタチがその時々にどう影響を与えるのか?
 光の魅力をどのように伝えられるのか模索している。           
 
         
略歴:
 田中 清隆(たなか・きよたか)

 1959 東京生まれ
 1984 多摩美術大学大学院修了
 1984 ?TLヤマギワ研究所勤務(ライティングプランナー)
  -89
 1986- 個展=「光」を素材とした立体造形作品を制作・発表。
    以降、毎年(2003除く)個展開催。
 1990- フリーランス
 
主なグループ展・公募展:
 1991 Space &<ARTと光の現在形>(青山テピア)
 1992 ソニー アート・アーティスト・オーディション(パシフィコ横浜)
 1993 ARTEC 未来芸術コンペ '93 アペルト部門(名古屋科学館)
 1994 船橋環境彫刻・ユーモアアート展 奨励賞(船橋海浜公園)
 1995 デザインフォーラム1995(銀座松屋)
 1996 現代日本美術展 賞候補(東京都美術館・京都市美術館)
    あかりのオブジェ展 '96奨励賞(岐阜文化センターコスモホール・他)
 1997 第36回北陸中日美術展 福井テレビ賞(石川県立美術館・他)
 1998 第6回東京野外現代彫刻展 準大賞(世田谷砧公園・世田谷美術館)
 1999 第2回岡本太郎記念現代芸術大賞展(国立オリンピック記念青少年総合
センター)
    あかりのオブジェ展 '99 審査員特別賞(岐阜文化センターコスモホ
ール)
 2001 第11回芸術祭典「京を創る」(京都・仁和寺)
 2006 座ってみたい北の創作椅子展(中札内美術村)
 2008 第23回現代日本彫刻展・模型入選(ときわ湖水ホール・他)

パブリックコレクション:
 テクノプラザ愛媛・財) 船橋市公園協会・ロッジいちご


**************
サジオ
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-24-1
電話:03-3300-1010
FAX:03-3305-7491
email: info@tokyoartmuseum.com
URL: http://www.plaza-gallery.com/

posted by アートソウル at 13:30 | Comment(0) | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。