2019年08月28日

「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(松山展)

秋の民家(小サイズ).jpg砂煙のなかの縞馬_ジャスティス・メイ.jpg
三菱電機ビルテクノサービス株式会社は、2019年9月13日(金)〜15日(日)の3日間、「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(入場無料)を、愛媛県美術館南館1階「県民ギャラリー1」(愛媛県松山市堀之内)にて開催します。
開催時間は10:00〜17:00までの予定です。※最終日の15日のみ、15:00まで

本展は、口と足で描く芸術家協会所属の画家(出身地:日本、イタリア、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチン、台湾など15の国と地域)が、手の自由を失うというハンディを乗り越え、口や足に筆をとり、丹精込め描いた絵画を展示します。
1メートルを超える作品はじめ、繊細なタッチが目を瞠る作品、大胆な構図や特徴的な色使いが印象的な作品など個性が様々ですが、いずれも生命力に溢れた、クオリティの高い作品ばかりです。

本会場では画家の梅宮 俊明さんによる実演も予定しており、創作風景を間近でご覧になれるめったにない貴重な機会です。
実演日時…13日(金)・14日(土)11:00〜16:00
※上述の時間内で適宜休憩を取りながら、実演頂きます。
(画家の体調等により、変更となる場合がございます)

本絵画展は、1992年に当社施設内で初めて開催し、1994年からは全国へと活動を広げ、社員やその家族がボランティアで運営を行いながら継続開催しています。これまで約81万5,000人(2019年4月時点)にご来場いただき、今回の開催は合計284回目で、松山市での開催は6回目です(前回は2015年)。
今回の展示は、来場の皆様に、ハンディキャップを克服し、困難に挑戦することの素晴らしさ・大切さを感じていただきたいと思いを込めて、当社社員が選定しました。
画家の皆様の自立に少しでもお役に立てるよう、また、ご鑑賞いただいた皆様とハンディキャップを持つ方々との架け橋の一助になることを願い、今後も活動を続けてまいります。





posted by アートソウル at 14:05 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする