2017年06月13日

高原秀平|下園雄輝「メエルシュトレエム」

下園雄輝「台風」2016.jpg高原秀平「台風の眼」2015.jpg
この度、あをば荘・floatでは、下園雄輝と高原秀平による二人展「メエルシュトレエム」を開催いたします。
東京都墨田区を拠点に活動する下園雄輝、神戸を拠点に関西圏で活動する高原秀平、ともに京都精華大学を卒業しながらもそれぞれ違う歩みを進めている二人による展覧会です。本展では、あをば荘・floatの二つの会場を使い、二人に共通するモチーフでもある「渦」から、それぞれの活動を多面的に紹介します。新作を中心に、二人のこれまでとこれからが混ざり合うような展示となります。皆さま、ぜひお楽しみください。

会期:2017年6月30日(金)〜7月17日(月・祝)14:00〜20:00
休廊日:毎週水・木曜日

イベント:7月16日(日)18:00〜 アーティスト・トーク/ あをば荘
7月17日(月・祝)18:00〜 クロージング・パーティー / float

会場:あをば荘(東京都墨田区文花1-12-12)/ float(東京都墨田区文花2-6-3 1F)※二会場での同時開催となります。

アクセス:[あをば荘]押上駅(京成電鉄・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーライン)より徒歩14分/小村井駅(東武鉄道亀戸線)より徒歩9分 区立文花中学校すぐ
[float]押上駅(京成電鉄・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーライン)より徒歩20分/小村井駅(東武鉄道亀戸線)より徒歩3分 小村井香取神社すぐ

お問い合わせ:chron0606@gmail.com
展覧会HP:https://hondaco66.wixsite.com/maelstrom


posted by アートソウル at 01:48 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

雑誌「特選 漢字のカナオレ 第3弾」2017年6月14日(水)全国書店で発売!

m201707_D7Z.jpg
表紙イラストを担当させて頂いた雑誌「特選 漢字のカナオレ 第3弾」が
2017年6月14日(水)に全国書店で発売になります。
もし本屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。
↓↓ 詳細は下記URLをご覧ください。↓↓
http://www.ph-q.com/magazine/rinji_zokan/index.html



posted by アートソウル at 17:18 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

日中国交正常化45周年記念「薪火の相伝−景徳鎮現代陶磁作品展」

景徳鎮陶磁作品.JPG景徳鎮陶磁作品2.JPG
会  期:2017年6月15日(木)〜7月5日(水) 
開館時間:10:00〜17:00 (初日の6/15(木)は15:00より開幕式)
休 館 日:毎週月曜日
会  場:日中友好会館美術館(東京都文京区後楽1-5-3)
入 場 料:無料
展示作品:現代の景徳鎮陶磁器の作家3名による作品約100点

主  催:(公財)日中友好会館、江西省陶磁研究所
協  力:次瓦合同会社
後  援:中華人民共和国駐日本国大使館、中国文化センター、(公社)日中友好協会、日本国際貿易促進協会、(一財)日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、(一財)日中経済協会、(一社)日中協会、中国陶磁大師連盟、江西省工芸美術館

問 合 せ:(公財)日中友好会館 文化事業部
     〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 пF03-3815-5085 FAX:03-3811-5263
E-mail:bunka@jcfc.or.jp  http://www.jcfc.or.jp/(又は「日中友好会館」で検索)

★見どころ★
揚子江の南に位置する中国江西省の景徳鎮は、古くから陶磁器の産地であり「世界の磁都」と知られています。透き通るような白磁、そしてその上に藍色の紋様を施した青花に代表される姿により、「景徳鎮」という言葉は陶磁器の代名詞として世界中で名声を得ています。景徳鎮陶磁器の高い技術と洗練された美的感覚は、一千年以上にもわたる伝統と共に、現在も優れた職人たちに受け継がれて発展し続けています。
本展では日本の人間国宝にあたる「中国工芸美術大師」であり現代景徳鎮陶磁器の第一人者・秦錫麟氏と弟子の邱含氏、陳敏氏の3名による作品約100点を展示します。



posted by アートソウル at 10:54 | 美術展覧会・イベント 新着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする